解体工事にかかる費用とその内訳

メインイメージ
解体工事にかかる費用とその内訳 > 必要となる資格

必要となる資格

解体工事を行う際に必要となる資格


解体工事を行う際には様々な資格が必要になってきますが、実際に作業を行う際に必要になるものと業者登録に必要となるものでは内容が異なるため、元請けか下請け専門かによっても必要な資格は異なってきます。

解体工事を行うには、建設リサイクル法により届け出を行い解体工事業の登録が必要となります。登録が必要な業者とは、土木工事業と建築工事業、とび・土木工事業の建設業許可を持たない業者が解体工事を行う場合となりますので、建設業許可の有無によって異なってくるのです。

土木工事業や建築工事業の建設業許可を取得するには土木施工管理技士や建築施工管理技士、建設機械施工技士、建築士を所有している必要がありますが、解体業者登録を行う場合には技術管理者を置くことが条件となってきます。土木施工管理技士や建築施工管理技士はもちろんですが建設機械施工技士、建築士も技術管理者となることが可能です。登録にはこのような資格がなければ条件を満たしませんので、必ず取得している必要があります。

実際の工事には作業主任者などの実務を行う資格が必要になってきますが、業者登録ができなければ意味のないものとなります。ですから、建設業許可を持っている場合と持っていない場合でも内容が異なってくるのです。業者登録は元請けだけが行えば良いというわけではなく下請け業者も必要になってくるため、解体工事を行う業者は業者登録か建設業許可のどちらかが必ず必要になるといえます。

解体工事と言っても作業内容は多岐にわたっており、それぞれに求められるものが異なります。直接工事を行う際には現場を取り仕切る作業主任者が必要ですし、足場の組立がある場合にも作業主任者を置く必要があります。建設リサイクル法では産業廃棄物の適切な処分方法を定めていますので、登録していない業者が違法行為を行うことを防止する目的も持っているのです。解体工事を依頼する場合には、業者登録をしているか建設業許可を持っている業者に依頼することが大切です。

特に解体工事では周辺とのトラブルが多いため、許可を取得した専門の業者でなければ対応できないケースも出てきます。振動や騒音を発生させる工事ですから、技術的な面や専門知識を持っていなければ周辺とのトラブルに発展してしまうため、業者選びが重要な意味を持ってくるのです。また許可を取得していない業者は悪質な業者が多く、高額な費用を請求されるなどのトラブルが多いため注意が必要なのです。”

最近の投稿