解体工事にかかる費用とその内訳

メインイメージ
解体工事にかかる費用とその内訳 > 解体工事の現場

解体工事の現場

建物が姿を消して行く解体工事の現場

解体工事が行われる現場とは、その当然のこととして、建て替えのために今まで建っていた建造物を撤去するための場所、ということになります。

場合によっては、当分の間、単にその場所を更地にしてしまうための解体工事というものが行われる場合もあるわけなのですが、そのほとんどの場合には、解体工事というのは、それまで長年の間そこに建っていた老朽化してしまった建造物を取り壊して撤去して、新たに建て替えを行うための撤去作業として行われる、というものになるわけです。

このために、解体工事が行われている現場には、その撤去作業が終了した後に建てられる建造物の概要というものが掲示されている、という場合が通例となっています。

従って、その解体工事が何のために行われているのかということは、そうした掲示を見ることによってわかることになります。

そして、この解体工事の現場というものは、工事が始まった時には今まで建っていた建物があって、それが徐々に取り壊されて撤去されて行く、という風に姿を変えて行くことになり、その工事が完成した時には、その建物は跡形もなくなって、その地面だけが広がる空き地になる、といったものとして終焉を迎えることになるわけです。

このような光景は、自分の家の近所で行われている住居の建て替え工事の場でも見ることができるわけで、解体が終った後の更地となってしまった空き地を見て、ずいぶんと広いものだったのだなとか、意外と狭い場所だったんだな、などという感慨を持ったりすることになったりします。

その実際の工事の最中の現場というものは、ちょうど鉄工所で金属の加工作業をしているような按配で、建物を造っていた部材や金属のぶつかり合う音や、壁を壊すユンボなどの重機の音などに覆われていて、かなり騒々しいものとなります。

解体業者も、できるだけ騒音を立てないように配慮してはいるのでしょうが、何分にも、建物を解体して取り壊して行く工事であるために、その工事現場では、どうしてもかなりの騒音が発生してしまうことは避けられません。

特に、壁などを撤去する際には、どうしても土壁を崩す必要が出てくるために、ユンボのような重機を使っての壁崩し作業となりますから、それなりの騒音と粉塵はどうしても発生してしまいます。

そうした工事に伴う騒音については業者もそれなりに気を使っていて、工事を始める前には、その近隣の家々にその旨の挨拶をして回るなど、周囲の理解を得るよう勤めてはいるわけです。

最近の投稿